ホーム > 製品情報 > バイオマス発電システム > バイオマス発電システム

ZERO Energy 新たなエネルギーで地球への負担をゼロに バイオマス発電システム

バイオマス発電システム

ガス化装置をコンパクトに設計し省スペースと低コスト化を実現しました

農業から食品工場まであらゆる産業の廃棄物に対応するバイオマス発電

生物由来のバイオマス資源を燃料として発電するシステムです。木質チップだけでなく、最近生産が増えてきた木質ペレットや農業残さ由来のペレットも燃料として利用することが可能です。石油・石炭などの化石燃料に代わる新たなエネルギーとしてバイオマスを利用でき、CO2排出の削減に寄与し、廃棄物として処分してきたバイオマスを活用することで環境保全にも大きく貢献します。当社独自のガス化技術により、熱分解によるガスを燃料として発電します。

バイオマス発電

【バイオマス発電システムの特長】
1.クリーンなガスの生成

熱分解ガスに微量の高温空気を供給することにより、 高温下でタール分を熱分解し、クリーンなガスを生成します。また、クリーンなガスの利用により、メンテナンスの頻度が少ないため、ランニングコストを抑えることができます。

2.省力化された運転操作

専従者の要らない、全自動および遠隔監視運転が可能です。

3.排水処理が不要

冷却水などはすべてシステム内で循環されるため、排水処理が不要です。

4.ニーズにあわせた切替運転が可能

ガス化の温度設定を変更することにより地域のニーズに応じた運転が可能です。発電・炭化・水素燃料製造の切替えができます。

5.排気を最大限利用が可能

最終的な排気を利用した熱交換装置やスターリングエンジンやボイラーのオプションも取付けができます。

6.海外への輸送や設置工事が簡単

各パーツがボルトで固定する組み立て構造なので現地据え付けが短期間で可能となります。また、各パーツが40フィートのコンテナに収まるので、海外への輸入も簡単です。

■ 発電フロー

発電フロー

【ZEエナジーの強み】

■ 最大効率80%(世界最高レベル)のバイオマス発電

ZEエナジーのバイオマス発電システムは、従来の水蒸気でタービンを回す原理とは根本的に異なります。装置内で木材を熱分解しガス化させ、そのガスでエンジンを回して発電します。こうした独自のガス化技術により、非常に熱効率の高い高性能なバイオマス発電を実現しています。

■ コンパクトな設計で、省スペースと低コストを実現

当社のバイオマス発電システムは、シンプルかつコンパクトな設計を追求しています。これにより、装置のサイズダウンと、安価なコストを実現しています。

■ さまざまなバイオマス燃料に対応

ガス化装置に上部投入方式を採用しており、広範囲にわたるバイオマス燃料が利用できます。草本系バイオマスについてはペレット化することで利用が可能です。また、ガス化装置で発生した炭を燃料として利用できます。

■ 余ったエネルギーを利益に変える、大規模から小規模まで売電に対応します。

発電システムから出力された電気は、高圧線のへ接続/配電用変電所への接続/各工場のキュービクルへの接続により売電が可能になります( FIT 対応可能)。

© All Rights Reserved by ZE ENERGY Inc.